合宿免許の予約をする時の注意点

合宿免許の予約について。。

合宿免許が人気になっていますね。。

今では多くの方々が利用するようになっている合宿免許所ですが、やはり利用される方の多くが学生さんという事になっています!

まぁ、学生以外でも利用はできるのですが、やはり集中した期間で免許取得が可能というのがメリットでもあり、デメリットでもあるようです。。

多くの合宿免許の場合、免許取得までかかる期間が約2週間と言われています。

2週間という期間が休めるとなると、働かれている方の場合は実際、なかなか難しいと言わざるおえませんね。。

まぁ、学生さんであっても、2週間という期間を考えますと、春休み、夏休み、冬休みの期間しか無理という事になるのではないでしょうか?

夏休みの場合は問題ありませんが、春休み、冬休みの場合はそもそもの休み期間が短いので、予約を入れるにしてもしっかりと考えて予約を入れる必要がありますね。。

 

合宿免許で免許取得を考えれる場合、特に注意して欲しいのが、春休みでの利用です!

というのも、春休みの場合、大学生は勿論なんですが、新大学生、また高校を卒業されては働こうとお考えの方々も免許取得を考えますので、大変 混雑します。。そんな混雑の中、ご自身の予定でしっかりと免許取得を考えるのであれば、少しでも早い合宿免許の予約が必須です。

この早めの予約に関してですが、自分の予定通りに免許取得が可能というだけでなく、学校によっては早くに予約を入れる事で、早割が適用されて少しでも安い価格で免許取得が可能という事もあります。。

これは、なかなかお得な情報だと思いますので、空き状況も含めて、少しでも早い時期に合宿免許 予約サイトを確認する事をおススメします。

合宿免許の料金について。。

合宿免許で免許取得を考えている方々が気になるポイントに料金があると思います。。  一般の自動車教習所よりも凄く高いの?という話もあるようですが、実際には、逆に安いという合宿免許もあります。。

この合宿免許の料金に関しては、全部は同じ料金という事ではないので、なかなか注意が必要です!
というのも合宿免許の料金で、差が出る部分は宿泊部分だと思います。
教習にかかる料金に関しましては、おおむねどこの合宿免許所でもさほど変わらないと言って良いです。。。  違いは、この宿泊部分なんですが、例えば、宿泊を1人部屋にするのと、大部屋での宿泊は、どう考えても違いがでますよね!
また、部屋自身の違いも出てきます。今では合宿免許の敷地内の宿舎だけでなく、マンションを利用できるようになっていたり、ホテルと提携しているという合宿免許所もありますので、当然 料金に違いが出てきます。。

もう1点、料金に関わる話ですが、食事が3食ついてプランもありますが、食事の回数が少ない合宿免許のプランもあります。。
この辺りは、個人の考え方かもしれませんが、宿泊先の近くに一切 コンビニやスーパーが無いという合宿免許もありますので、その辺りもしっかりと確認して合宿免許所を選ぶというのが大切になってくると思いますね!

合宿免許の選び方

合宿免許の選び方についてです。。
合宿免許所は全国に色々とあるので、実際に利用しようとお考えの方の場合は、迷われるかもしれません。。
合宿免許は、旅行気分で免許取得が可能なために、季節によって人気の地域というものもあります。。
夏シーズンには、海が近い地域とか、九州、沖縄などが人気になります。
逆に冬になりますと、ウィンタースポーツや、温泉がある地域の合宿免許が人気になっているようです。。
少し調べてみますと、合宿免許の近くにある温泉を無料で使えるというような学校もあるようですね〜

他の選び方で考えますと、料金で選ぶという方法もあると思います。
少しでも安い価格で合宿免許を利用しようとお考えなら、色々な特典やキャンペーンも確認する事をおススメします!
キャンペーンでお得な情報がある場合もありますし、予約の申し込み一つで数万円も安い価格で合宿免許が利用できるという事もあります。
予約を電話でするのではなく、インターネットで予約をすると安い料金で利用できるウェブ割や、早い時期に予約を入れておくだけで安くなる早割もあります。。

どうせ合宿免許を使って免許取得をするのであれば、少しでもお得に免許が取得できる方が良いですもんね。。

合宿免許 8月 空き状況


合宿免許 7月・8月 空き状況

合宿免許の持ち物について

合宿免許の講習時、いつも手元に置いておきたいものは、教習手帳と教科書、および副読本や問題集、そして自分のノートと筆記用具です。学校に通って授業を受けるのと同じ事ですから、ホテルを出るときは必ず手提げかばんにこれらの荷物を入れて持ち歩くようにしましょう。

それに加えて、合宿免許は合宿ですから、泊まりこみに必要な荷物も用意しなければなりません。
最低限の着換えと、洗面用具は忘れないようにしましょう。夏は汗をよくかくので、着替えも多めに、タオル類もたくさん持っていくのがおすすめです。合宿免許は一泊二泊で終わるものではないので、長期滞在を考えて爪切りや薬、音楽プレイヤーなども持ってくるとさらにいいでしょう。なお、ほとんどの施設に、洗剤や櫛、洗顔料やシャンプー程度のアメニティグッズはそろっているようです。最近ではパソコンが完備されているところも多いようです。

また、住民票と保険証という書類は何がなくとも忘れないようにしてください。これらがないと、仮免許の試験が受けられないので、せっかく合宿免許に参加した意味がなくなってしまいます。

合宿免許 8月 空き状況


合宿免許 7月・8月 空き状況

 

サイトマップ